虚偽の申請はいけません

基本的にFXの口座開設の審査において勤務先に本人確認をしたり電話をかけてくるということはありません。だからとって嘘の内容を書いてはいけません

登録住所に書類が届きます

嘘の住所を入力する人はいないと思いますが念のために注意します。口座開設はインターネットから簡単にできます。必要事項を入力するだけなので10分もあれば終わるでしょう。しかしそれで終わりではなく、登録した住所に取引口座の案内の書類が届きます。また本人確認書類(運転免許証など)を提出する必要があります。つまりウソの内容を書いてもバレてしまいますよ。

FX世界基準
外為ジャパンは業界最挟水準のスプレッドが魅力。世界標準機能搭載のMetaTraderも利用可能。口座開設キャンペーンあり。

年収や自己資産はどうなの?

では年収や自己資産といったプライベートな情報はどうでしょうか?実際にはこれらを確認する手段は難しいでしょう。現状は収入証明書の提出が義務付けられていないため確認のしようがありませんね。

だいたいの目安で選ぶ

FXの口座開設をするときに年収や自己資産を入力する箇所があります。しかし細かい数字を入れるよりもだいたいの目安を選択するケースが多いでしょう。FX会社が知りたいことはあなたの厳密な年収ではありません。投資をするのに適しているかどうかの確認です。だからあまり細かく考えずにおおよその目安となるものを選ぶといいでしょう。これは嘘をつくことを推奨しているのとは別です。

まずは長期運用を目指す

投資目的、動機を選ぶ場合もあることでしょう。初心者の方が短期デイトレードでスイングしたいとしたら、ちょっと違和感がありますよね。別にウソをつけというのではなく、個人的にはまずはコツコツと長期運用からはじめてみることをおすすめします。またデモトレードがある業者でしたらまずはデモから始めてみるのもいいでしょう。