口座開設ができない場合

FX取引をするにはまずは証券会社や専業業者に投資用の口座を開設する必要があります。オレオレ詐欺が社会問題となった頃から銀行口座の開設も厳しくなりました。犯罪に加担する訳にはいかないので当然ですよね。FXも取引結果によっては元手の資金がなくなってしまう可能性もあるので、当然口座開設には一定の基準が設けられています。

審査基準は漏らさない

FX会社各社それぞれ独自の口座開設における審査基準があります。審査に落ちたとしてもその理由は説明してくれません。しかし審査に通らないケースはたいがい共通しています。

FX世界基準
外為ジャパンは業界最挟水準のスプレッドが魅力。世界標準機能搭載のMetaTraderも利用可能。口座開設キャンペーンあり。

FXとは信用取引である

外国為替の取引は実際に外国通貨を売買する訳ではありません。担保として証拠金を預けて、その資金を元手に運用します。レバレッジを利かせることで資金以上の運用ができます。この場合利益同様にリスクも高くなるためそれに耐えうる状況かどうか審査をする必要があるのです。

20歳以上である

未成年の場合FX取引を行うことはできません。FXは非常に大きな利益を獲得できる可能性も秘めていますが、それ以上に損失のリスクがあります。大人になり自分でお金を稼ぐようになってからすべきであるのです。

毎月固定の収入がある

為替相場は急激に変動する可能性があります。いくら証拠金を預けていても、まれに証拠金以上に損失を被ることもあります。定収入がない場合はリスク時に不利になるため審査に通らない可能性があります。サラリーマンが望ましいのですが、アルバイトやパートでも定収入がある方がいいですね。

投資資金が豊富である

もちろん多いに越したことはありません。口座開設時の初回入金額は各社様々ですが、このときの入金額も審査基準のポイントになります。証拠金が少ないとすぐにロスカットになってしまうので、FX取引をするには最低限30万円程度は用意した方がいいでしょう。

投資経験がある

無職、無収入の場合口座開設ができない、非常に審査が通らないと思います。しかし投資経験が豊富であればこの限りではないかもしれません。もちろん投資資金にもよりますが、投資歴3年、5年とあれば全くの初心者とは審査の基準が異なります。

インターネットに接続できる

そもそもここが一番大事かもしれません。多くのFX会社はインターネットを利用して取引を行います。そのためPCスキルが全くないと厳しいかもしれないですね。といっても難しく考える必要はなく、ネットサーフィンができてメールの送受信ができれば最低限問題ないでしょう。