キャッシングよりもFX

改正貸金業法の総量規制により原則年収の3分の1までしか借入ができなくなりました。そのため無職や主婦、学生の場合キャッシングは審査に通らない可能性もあります。ではFXの場合はどうでしょうか。無職や学生だから落ちたという経験がありますか?

50万円以上の借入は収入証明書が必要

キャッシング限度額が50万円を超えるときには収入証明書が必要になります。無職や学生にとっては審査が厳しいですね。また主婦の場合は配偶者の同意書や夫婦関係証明書面などの提出が必要です。レディースローンに内緒で借りるという訳にはいかなくなりましたね。

FX世界基準
外為ジャパンは業界最挟水準のスプレッドが魅力。世界標準機能搭載のMetaTraderも利用可能。口座開設キャンペーンあり。

FXの審査にも通らない?

FX会社に口座開設をするときも審査があります。無職や主婦で固定の収入がないと審査に通らない可能性があります。しかし無収入だから口座開設ができないとは限りません。例えば以下の場合などがそうです。

投資経験が豊富である

全くの初心者でかつ無職となると審査に落ちた原因となる可能性は否定できません。しかし投資経験が豊富であれば口座開設できるかもしれません。

資金が豊富である

例え給与所得がないとしても手持ちの資金が豊富であればその限りではありません。外国為替の場合急な為替変動により証拠金不足となる可能性もあります。それに耐えうるくらいの資金があれば審査に通らないこともないでしょう。

FXは自己責任で行ってください

キャッシングの場合その手軽さから安易に借入をする方もいらっしゃいます。それが社会問題にまで発展しました。人間誰しも目の前の誘惑には弱いものです。しかしFX取引においては誰も責任を取ってくれません。自己責任で行うべきものです。投資で損失を出したからといって人のせいにするのでしたら、そもそもFXをする資格はないといえます。くれぐれも自分の責任の範囲内で運用するようにしてください。